「読書ノート」とは?|書き方と効果についてご紹介

習慣化
実際に使用した商品・サービスのみを紹介しています。アフィリエイト広告を含みます。

わたしの趣味は読書です。

読書をしていると、色々な人の考え方を知ることができて
視野が広がる実感があります。

そして、活字を読むことで、リラックス効果も得ています。

読書をただ楽しむのも良いですが、
記憶を定着させるために、わたしは「読書ノート」を書くようにしています。


「読書ノート」を書くようになってから、記憶が定着しやすくなり、
「自分が大切にしている価値観」に改めて気づくことができました。


そこで、今回はわたしが実際に行っている
「読書ノート」の書き方についてご紹介したいと思います。

合わせて、「読書ノート」の効果についてもご紹介しますので、
少しでも参考になれれば幸いです。


「読書ノート」を書くタイミング

さいしょに、「読書ノート」を書くタイミングについてご紹介します。

わたしは、本を2回~3回読んだタイミングで「読書ノート」を書くようにしています。

繰り返し読んだ上で書くと、より記憶が定着される実感があります。


「読書ノート」の書き方

つぎに、「読書ノート」の書き方です。

わたしは、タイトルと著者名をまず書いて
本の中で印象に残った文章を書き写しています。

そして、その上で感想や行動に移したいことを
記録として残すこともあります。

ただ、「読書ノート」は、無理のない範囲で継続すること
効果が期待できると思っています。

なので、なるべく継続できるように
時間をかけすぎずに、続けられる範囲で行っています。

まずは、メモする程度から始めると
習慣化しやすいと思うので、気軽に少しずつ始めてみることをおすすめします。

気になった方は、ぜひ試してみてください。


「読書ノート」の効果

さいごに、わたしが実感した「読書ノート」の効果についてご紹介します。

「読書ノート」の効果

1.読みっぱなしにならず、記憶が定着する
2.振り返りがしやすく、本の内容を整理できる
3.読書量が分かり、達成感を得られる

それぞれ解説していきます。


1.読みっぱなしにならず、記憶が定着する

読書をするだけでも、楽しいですが
時間が経つと、印象に残った文章など忘れてしまうことが多いです。

ノートに記録しておくと、書くことで記憶も定着しやすく
読書を能動的に楽しめている実感があり、おすすめです。


2.振り返りがしやすく、本の内容を整理できる

わたしは、図書館で本を借りることが多いです。

なので、本の内容を振り返りたいとき
「読書ノート」が活躍しています。

本の要点や、好きな文章をまとめているので
振り返りがしやすく、おすすめです。


3.読書量が分かり、達成感を得られる

ノートに記録することで、どのくらい本を読んできたのか
分かるので、達成感を得られます。

また、自分はどんな本が好きなのか
好みが分かるので、本選びの参考にもなります。


さいごに

今回は「読書ノート」の書き方と効果について、ご紹介しました。

「読書ノート」を作ることで、情報の整理がされて
記憶の定着率が上がったと思います。

また、時間をかけすぎないことを心がけるようにすると
無理なく楽しみながら、「読書ノート」を習慣化することができました。

まずは、自分が続けやすい方法で気負わずに、
継続できる「読書ノート」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

本記事が少しでも参考になれれば幸いです。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

コメント